メールアイコン

お問い合わせ
プロジェクト依頼

グローバルサイト

「グローバルサイト構築」を成功に導くための4つのポイント

NO IMAGE

グローバルサイトとは、企業情報を全世界に向けて発信するサイトのことを指します。
海外ビジネス展開の手法の一つとして、海外向けのグローバルWebサイトの構築は重要な施策となります。現在のコロナ禍の時代においても、国内外の渡航が限られた一方で、オンラインビジネスの需要は着実に拡大してきています。
それでは、どうすれば成功するグローバルサイトを構築することができるでしょうか。

結論から言えば、これからお伝えする4つの重要なポイントを押さえて構築するべきです。

本日は、1000社以上のご支援実績のあるコンサルティングファームの株式会社メディアシアターが、グローバルサイトの3つの役割を踏まえて詳しく解説いたします。

グローバルサイトの主な3つの役割

グローバルサイトの役割は、企業のグローバル戦略の目的によって多少変わってきますが、主に以下の3つが挙げられます。


役割① グローバルブランドの発信

グローバルサイトは、企業のブランドやメッセージを発信する役割があります。ESG/IR情報や事業内容を発信することで全世界の投資家にも自社をアピールすることができます。

グローバルに対するブランディングは、ローカルブランディングとは全くもって別物です。ローカルブランディングとは、各地域に対して行うブランディングのことです。世界中で販売されているものを各国のターゲットに最適化して情報発信するのがローカルブランディングになります。

特定の地域に限定されない、企業が大切にしているメッセージを発信することがグローバルブランディングに繋がっていくのです。

役割② 企業情報の集約

2つ目は、国ごとに掲載されている企業情報を1つのサイトに集約する役割です。
この効果として、ローカルごとにバラバラだったメッセージを統一することができます。企業情報をローカルに依存することなくグローバルにシェアすることで、地域ごとに異なる情報が発信されるリスクを回避できます。

もう一つは、業務効率化です。今まで国ごとに異なるルールで作られたコンテンツを一つのサイトに集約することでリソースをシンプルにし、コストを軽減することができます。

このようにグローバルサイトがあれば、統一化された企業情報を企業全体で共有することができるので、ガバナンスの効いたグローバル戦略が実現可能になります。

役割③ グローバル人材の採用

3つ目は、グローバル人材の採用としての役割です。

事業規模拡大に伴って、グローバルな人材のニーズが高まり、より採用活動が流動化すると考えられます。グローバルサイト活用によって、一貫性のある採用活動や採用の機会損失を軽減することができます。
実際、現地の人材の獲得はグローバル戦略発展のために必要不可欠な人材になります。こういった人材は、広報等のサポートやグループガバナンスの形成としての役割を担い、事業規模拡大への大きな後押しとなります。

グローバルサイト構築を成功させる4つのポイント

グローバルサイト構築を成功に導くためには、以下の4つのポイントを押さえるべきです。

ポイント① TOPページはシンプルに!

日本では、ユーザの利便性を重視したWebデザインが好まれる傾向にあります。ファーストビューにイベント情報などの多くの情報を掲載し、メニューを分かりやすい位置に配置するなど、情報発信を目的としていることが多いです。

◆日本のサイトは、利便性を重視する傾向(ブリヂストン日本サイトの例)

引用元:Bridgestone(ブリジストン)公式日本サイト

ただし、アメリカや西欧の国では、シンプルに表記されたコンテンツが好まれる傾向にあります。テキストベースではなくビジュアルによって視覚的に魅力を感じとる国民性のため、余計な情報は載せず、商品やサービスの画像を中心にデザインされていることが多いです。

◆グローバルサイトは、なるべくシンプルにする(ブリヂストン公式グローバルサイトの例)

引用元:Bridgestone(ブリジストン)公式グローバルサイト

グローバルサイトは全世界に向けたものであるため、できる限りシンプルに設計するのがセオリーです。

ポイント② ユーザファーストなUI/UX設計

グローバルサイトは、ローカルサイトに遷移させるためのハブとしての役割も担っています。
ユーザに訪れてほしいサイトは、各ユーザのローカルサイトのはずなので、そこへ向けて分かりやすく誘導する必要があります。全てのサイトにおいてUI/UX設計は重要ですが、訪れるユーザが多種多様であるグローバルサイトは、より分かり易く最適なUI/UX設計をすることが重要です。
以下が、サイトの設計図を考える上で重要なポイント例になります。


ポイント③ 国民性・地域性・経済事情を考慮する

国や地域によって、人々の興味関心や経済事情は異なります。また文化や思想も異なるため、それらに配慮したWebデザインを行う必要があります。
その一方で、特定地域のユーザの嗜好性に依存し過ぎるデザインも良いサイトとは言えません。

例えば、中国ではナショナルカラーである赤・黄色が好まれるのに対し、西洋では高貴なイメージを彷彿とさせる紫色が好まれます。ローカルサイトでこれらの色を反映することは望ましいですが、グローバルサイトではシンプルな色使いを心掛けましょう。

◆富士通公式サイト(フランスのローカルサイト)

引用元:ローカルサイト(フランス)

◆富士通公式サイト(台湾のローカルサイト)

引用元:ローカルサイト(台湾)

その上で、企業の全体像とブランドイメージをデザインに反映させるという思考プロセスが合理的であると考えられます。

ポイント④ 世界中からのお問い合わせ窓口体制を確立する

グローバルサイト構築は、情報発信がゴールではありません。サイト構築に伴い、受け皿となるカスタマーセンターなど、社内体制を同時並行で整える必要があります。

某大手I Tメーカー様では、グローバルサイトを構築し情報発信に注力したところ、お問い合わせ窓口がパンクしたという事例がありました。このように、世界中から問い合わせが来ることを考慮し、問い合わせ窓口の強化を行っていく必要があります。

グローバルサイトによって企業全体の情報を統一化して発信することもさることながら、コンバージョン後の顧客対応の体制を強化することで、ガバナンスの効いたグローバル戦略の実現に繋がります。

グローバルサイトとローカルサイトの違い


冒頭でお伝えした通り、グローバルサイトとは企業情報を全世界に向けて発信するサイトのことを指します。それに対して、ローカルサイトは、企業情報を特定の国・地域に向けて発信するサイトのことを指します。

言語に関して、グローバルサイトは英語で表記されることが多いですが、ローカルサイトではその地域に則した言語で表記されます。

グローバルサイトと言っても企業にとっての役割は様々で、「情報量を最小限にし、ローカルサイトへのアクセスに特化したサイト」や「企業情報やニュース、ビジョン等を積極的に発信しているサイト」などがあります。
どのようなグローバルサイトを構築するかは企業のグローバル戦略によって変わってきますが、全てのグローバルサイトに言えるのは、「全世界共通の入り口としての機能を持つ」ということです。

ちなみにグローバルサイトはヘッドクオーター機能も持ち合わせています。これは、今まであったローカルサイトの上にグローバルサイトがあるという概念であり、サイトを統合する際、一概にローカルサイトを削除することではないと言えます。

グローバルサイト制作はどこに発注するべき?

自社専用のガイドラインを基にしてグローバルサイト構築が可能ならば、制作会社に委託しても良いでしょう。しかし、グローバルサイト構築によって売り上げ・成果を最大限にしたいのであればグローバルサイト構築の実績や知見がある会社に依頼することをお勧めします。

弊社では、国内での大手企業の様々なユーザビリティを改善してきた実績があります。是非他社と共に検討してみてください。

Media Theater公式ホームページ

まとめ「オンラインビジネスの需要が拡大している今だからこそ海外進出の準備に備えるべき!」

今回は、グローバルサイト構築を成功に導く方法についてお話ししました。4つの非常に重要なポイントは以下の通りです。

  1. コンテンツはシンプルに!
  2. ユーザファーストなUI/UX設計
  3. 国民性・地域性・経済事情を考慮する
  4. 受け皿としての体制を強化する

の4つが非常に重要なポイントとなります。
現在のコロナ禍の時代において、国内外の渡航が限られた一方で、オンラインビジネスの需要は拡大しています。
このタイミングでオンラインでのビジネス展開を積極的に検討するには最適のタイミングです。その上で、オンラインでできることを整理し準備しておくことが、企業の中長期の発展に繋がるきっかけとなっていきます。

これから、海外事業発展のためにWebサイト構築やリニューアルを検討している企業・Web担当者の方は、多数のサイト構築のご支援実績のあるMedia Theaterをご検討ください。

Media Theater公式ホームページ

この記事を書いた人
清水 泰裕
2021年に株式会社Media Theaterに入社。 大手英会話事業会社、ヘルスケア・スキンケア商品事業会社のサイトリニューアル案件に従事。 顧客行動調査・データ分析により、精度の高いUI/UX改善プランを策定。